日本人の体形に合った和服を着た結婚式(神前式)を挙げる

結婚式には和風と洋風の2種類があります。女性だけがイベントを楽しみたいのであれば、やはりウェディングドレスを着れる洋風の結婚式が最適なのかもしれません。しかし男性も主役の1人として携わるのであれば、和風の結婚式の方がオススメです。

というのもチャペルなどの教会をモチーフにした会場で進行していく式の場合、洋風といった特徴があるため、男性は至って普通のスーツ着用が主となりますよね。それに比べて女性は純白やピンク色などの、華やかなドレスを着ることになります。しかし神前式などの和風の式であれば、男女ともに和服を着ることができますので、男性でも普段とは違った衣装を着て楽しむことができるでしょう。

そもそもウェディングドレスは、身長の高い外国の女性が着るからこそ綺麗に見えるのであって、平均160センチほどの日本人女性にとっては逆に身体的なコンプレックスを晒してしまう衣装とも言えます。和服は日本人の体形に合わせて作られていますので、その古臭いといったイメージとは裏腹に、日本人らしい体型を活かすこともできるでしょう。

浅草ウェディング婚シェルジュ(>こちらのWebサイト)では、和服を着て神社で結婚式をおこなえるサービスを提供していますので、和服での式や神社での誓いに興味があれば活用してみるといいでしょう。

利用する人の数が減ってきているサービスですので、プレミアム感もありますよね。

一致団結にはやっぱりおそろいのTシャツ!

オリジナルTシャツと聞くと、高校の学園祭や体育祭で作った人が多いではないでしょうか?みんなでデザインを出し合って意見を交換しながら、ひとつのTシャツを決めていくのはとっても楽しい思い出ですよね。

少年スポーツを応援する父母同士でTシャツを作っていたりもしますよね。イベントでよく見かけるオリジナルTシャツですが、最近では職場の部署ごとにTシャツをつくり普段からきることで一致団結力を高めている企業も多いようです。また、会社のロゴが入ったシャツを着て外回りをすることで会社のPRもでるきといったメリットも人気の秘密のようです。

オリジナルTシャツといってもいろいろな種類があり、スポーツやイベントによって業者を使い分けることでデザインはもちろん、機能性も重視したものをつくることができます。しかし、どんな業者がいいのか分からないというときは「オリジナルTシャツ口コミランキング 」をチェック!
一から作り上げていくオリジナルTシャツですので、いろいろと比較をしてみるとさらに素敵なTシャツができます。また、工場と直営だったり、デザイナーが専属でいたりする業者もありますので、しっかりと確認してから注文すると細かい要望にも答えてくれます!

オリジナルなTシャツ ならこちら!